台湾在住者がすすめる観光スポット・食べ物・旅行情報!

【奈良県】2019年GWの穴場観光スポットは?子連れや日帰りにおすすめの旅行先を紹介!

SUGURI
WRITER
 

全国の初詣スポットランキング↓

北海道
東北 青森 岩手  宮城  秋田  山形  福島
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

全国の初詣スポットランキングはこちら↓

北海道
東北 青森 岩手  宮城  秋田  山形  福島
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事を書いている人 - WRITER -
SUGURI
台湾台南市在住3年目の旅行ブロガーです! 台南の観光情報を中心に、今まで旅した国内・海外旅行の情報を発信しています!

こんにちは!

お出かけ大好き!旅行ブロガーSUGURIです!^^

 

今回は2019年ゴールデンウィークの奈良県の穴場旅行スポットについて、実際に旅行に行かれた方にお話を聞き、おすすめの穴場スポットと見どころ、混雑状況について調査しました!

お子さん連れや日帰りでも行ける穴場スポットを紹介しており、必見の内容になっています!

 

この記事では

  • 冒険の森inやまぞえで大人も子供も楽しめるジップラインで遊ぶ!
  • 明日香村でフォトジェニックな棚田風景とタイムスリップ感を楽しむ!
  • 戸津川村と谷瀬のつり橋で「度胸試し」と温泉を楽しむ!
  • 大阪市内からも快速電車で30分!橿原市で古民家カフェ巡りをする!
  • 奈良県の奈良公園で鹿と戯れる!

という内容について紹介しています!

 

【奈良県】2019年GWの穴場観光スポットは?子連れや日帰りにおすすめの旅行先を紹介!

冒険の森inやまぞえで大人も子供も楽しめるジップラインで遊ぶ!

冒険の森inやまぞえの住所:〒630-2223 奈良県山辺郡大字三ケ谷1680

 

冒険の森やまぞえが穴場だと思う理由は、場所が奈良の山にあり一見遠そうな見た目で、敬遠されそうな場所ですが車でのアクセスも便利でゴールデンウィーク中は空いていると思います。

 

また予約制の為、一定数以上は増えないので充分に楽しめます。見どころ(楽しめるポイント)は、他のアスレチック場よりスリルがある所です。

 

最大高低差が15メートルもあり迫力満点で、ロングシップは最高の景色、最高のスピード、最高の心地よさでしたでした。

 

冒険の森inやまぞえのジップラインの様子↓

https://twitter.com/daibuu98/statuses/789347618585387012

 

わたしは5月2日朝8時頃に行きました。朝早いこともあり、混雑状況は普段通りでそこまで多くなかったです。自分達のペースで、アスレチックを体験し遊ぶことが出来ました。

 

昼頃からは、混雑状況が変わり少し多くなっていたかと思われます。子供用のアスレチックも充実しているので、子供を連れた家族が沢山来園していたのが原因かと思われます。

 

なので、遠方の方は大変ですが、朝一に予約して遊ぶことがオススメです。

 

冒険の森inやまぞえの様子↓

 

 

わたしたちは安全な装置(命綱)をつけ、ジップラインなどの沢山のアスレチックを楽しみました。最初に係りの人が懇切丁寧に説明をしてくださるので、高い所が不安な方や子供でも安心して楽しめるかと思います。

 

おすすめのポイントは2点あり、1点目は張られている縄に飛び込む型の第6ポイントのアスレチックです。

2点目は最後の最後に滑る50メートルのロングジップラインです。高さも高く、長さも長く、スリルがあり迫力満点で且つ景色が綺麗です。是非体験していただきたいです!

スポンサーリンク

 

明日香村でフォトジェニックな棚田風景とタイムスリップ感を楽しむ!

明日香村稲渕の棚田の住所:〒634-0123 奈良県高市郡明日香村稲渕

 

明日香村が穴場だと思う理由は、村全体が観光スポットであることです。

 

ゴールデンウィーク中は多くの人が訪れますが、石舞台古墳をはじめ、飛鳥寺、岡寺、奈良県立万葉文化館など多くの観光スポットが点在していて、観光客が集中し過ぎずのんびり過ごすことができます。

 

各スポットをつなぐ稲渕の棚田風景も見どころの一つ。目の前いっぱいに広がる「田舎風景」に思わず癒されます。写真スポットとしてもバッチリ!

 

徒歩移動に自信のない方は、レンタサイクル(1000円/1日〜)もオススメです。車の場合ももちろん各スポットに駐車場があり、奈良県立万葉文化館はなんと無料で利用できます。

 

石舞台周辺の広場には、お弁当を持った家族連れも多く見受けられます。せっかく気候の良い時期ですので、明日香村で自然と触れ合ってのんびりと過ごしてみるのがオススメです!

 

明日香村の風景↓

 

わたしは5月のゴールデンウィーク、14時頃に行きましたが、明日香村の混雑状況はこの時間帯がピークです。

 

沢山の家族連れやカップルを見受けました。加えてお年寄りの観光客が多いのも明日香村の特徴ではないでしょうか。この日は車で行き、まずは石舞台近くの駐車場に預けました。

 

すでに沢山の車が停まっていましたが、元が広い土地ですのでまだ空きはあるという感じでした。

 

初めて訪れる県外からの友人と共に入場。天気が良く、青空と、緑、岩のコントラストがとても美しかったです。有料スポットとしてフリーの広場とは分けられているため、他の場所より人が少なく見やすかったです。

 

石舞台古墳の様子↓

https://twitter.com/seira_yule/statuses/851556641015185408

 

続いてこの日のメインは稲渕の棚田風景の撮影でした。

 

石舞台の横の上り坂へ車を走らせます。山側にも数台停められる無料駐車場が数カ所あります。こちらは数が少ないので、多少の運が必要かもしれません。

 

その時は16時を回っていたので、比較的空いていました。心配な方はレンタサイクルをオススメします。

 

人里離れた自然いっぱいの稲渕の棚田風景は、フォトジェニック間違いなしです。時間に余裕があれば、道中にある岡寺に寄ってみても良いかもしれません。

 

稲渕の棚田風景をはじめ、フォトジェニックスポットが多くカメラが手放せません。もちろん田舎風景にのんびり癒されるのもおすすめです。

 

稲渕の棚田風景↓

https://twitter.com/mitoko__kotomi/status/1046725167207014401

 

明日香村は村全体が観光スポットになっていて、郵便局やコンビニも瓦屋根と決められています。瓦屋根のコンビニなんて他ではなかなら見られないので、思わずワクワクしてしまいますよね。

 

他にも奈良県立万葉文化館はおすすめスポットです。奈良の歴史に触れられるだけでなく、多くの芸術品、美術品が収められています。

 

等身大の人形モニュメントで当時の生活を再現しているコーナーでは、思わずタイムスリップした気分になってしまうかもしれません。

 

 

戸津川村と谷瀬のつり橋で「度胸試し」と温泉を楽しむ!

谷瀬のつり橋の住所:〒637-1106 奈良県吉野郡十津川村谷瀬 Unnamed Road

 

奈良県吉野郡十津川村は、昔から奈良県から和歌山県に通じる山深い交通手段はあった物の明治時代、

 

神社をめぐって政府に反抗したとみなされその危機感から政府の反撃を恐れ、通行路を遮断、長らく人が足を踏み入れることが無く、昭和に入ってから人家があるのを発見されたと言う「日本有数の秘境の地」でした。

 

そんな十津川村の穴場だと思う理由は、今に残る「日本一長い木製の谷瀬のつり橋」と、国内で唯一の100%かけ流しの「十津川温泉」です。

 

見どころはやはり「細い木製作りのギシギシ揺れる、谷瀬のつり橋」でしょう。特に高所恐怖症の人や高いところが苦手な人は肝試し的にわたろうとするのですが、途中で立ち止まり、往生しております。

 

下には川がながれていて、周りは森林地帯なので落ちれば一巻の終わり的な心境になってしまいます。

 

都心からもよく観光客が涼や自然体験を求めてくるのでいつか穴場的な地帯になってしまいました。

 

谷瀬のつり橋の画像↓

 

わたしは5月のゴールデンウィークに行きましたが、混雑状況は、田舎ですので人並みはすくないですが、やはり十津川村に市街地に近づくと「つり橋」あたりや「温泉街」は少々ですが混みますね。

 

都会の雑音を逃れたいと言った人にはもってこいの場所ですが天候が急変することもありますので、雨具(傘)の用意はして言ったほうが良いかと思います。

 

また、自家用車で行く場合は道路がとても狭いのと、田舎道の為、舗装状態が荒い為、多少の運転テクニックは必要です。皆さん最寄駅から長距離バスに乗っていかれています。

 

十津川郷の足湯↓

 

わたしは小旅行のつもりで行きました。田舎なので村の中心地まで行かないとあまり物は売ってませんが、おすすめとして、地元名産の「柿の葉寿司」は有名です。

周囲を何層もの山々が連なっていまして、いかにも最近まで秘境と言った雰囲気が残っていますが、

 

ゴールデンウィークにはつり橋や、温泉以外にも近くの「紀の川(別名;:吉野川)」で鮎釣りの励んでいる人もいますので興味のある人は是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

十津川の柿の葉寿司↓

今や奈良県南部(地元では南和といってます)では吉野山、金剛峰寺と並んで「穴場の観光地」として密かな人気が出てきております。

スポンサーリンク

 

大阪市内からも快速電車で30分!橿原市で古民家カフェ巡りをする!

奈良県橿原市今井町観光駐車場の住所:〒634-0812 奈良県橿原市今井町2丁目3−23

 

奈良県橿原市が穴場だと思う理由は、人が多すぎずゆったり街の探索が出来るところです。見どころは、古民家の並ぶ今井町で雰囲気を味わえ、古民家を利用したカフェやお店もあります。

 

また、近くにイオンモールも有るので、ショッピングも食事も出来ますので、昔ながらの景色、現代の景色が両方楽しめます。

 

大阪市内からも近鉄電車の快速電車30分ほどで気軽に日帰り旅行気分が味わえます。そこから奈良市内観光へと足を伸ばされても良いかもしれません。

 

橿原市の古民家カフェ↓

 

混雑状況は、電車内は満席でしたが街につくと人混みもなく、落ち着いた雰囲気の中で探索できました。日本人ならず、歴史に興味を持たれている海外の方も探索されていましたが、特にマナーの悪さも感じませんでした。

 

帰りの電車も快速だと混むかもしれませんので、時間に余裕があれば普通がお勧めです。もしくは、別途料金がかかりますが特急を利用するのも早く快適に帰れて良いかもしれません。

 

わたしは古民家の並ぶ今井町を探索しましたが、おすすめは古民家を利用したカフェやお店巡りです。

 

橿原市今井町の様子↓

https://twitter.com/Patrasche252525/statuses/1097379383612891137

 

その後、一度駅に戻りバスに乗り換えイオンモールでショッピングと食事をしました。こちらのイオンモールは大規模で映画館もあり、フードコートも一般的なものと大人向けのお店が揃ったものとありました。

 

少し、贅沢なお食事をお手軽に出来ます。ちなみに、私はこの日ステーキを頂きました。イオンモールは、少し人が多いですが規模が大きいのでそこまで気にはなりません。

 

奈良県の奈良公園で鹿と戯れる!

奈良公園の住所:〒630-8211 奈良県奈良市雑司町

 

奈良公園が穴場だと思う理由は、山中ではなく平地で神の遣いである鹿が見られるという全国的にも類を見ない珍しさがそこにあるからです。

 

見どころもそこにあります。良かったところは、奈良公園で売られている鹿せんべいを買えば、彼らと戯れられるところです。

 

また、その最寄り駅であるJR奈良駅から奈良公園に至るまでに軒を連ねる店々で弁当あるいは奈良の名産品である柿の葉寿司を買えば、森林浴をしながらベンチでのランチが楽しめて良いでしょう。

 

加えて、大阪や京都から1時間で訪れられる気軽さもウリです。

 

奈良公園の鹿↓

 

わたしは4月27日16時ごろに行きました、16時に訪れた際の混雑状況を述べると、観光客でいっぱいでしたが、大都会の通勤ラッシュのようではなく、余裕で歩けました。

 

中国、韓国などのアジア系観光客が多かったですが、彼らは鹿せんべいを鹿にあげて遊んでいました。訪問の記念に写真を撮ることも、周囲への配慮なく可能です。

 

国立博物館地下のレストランは空席が9割ありました。駅から離れたエリアにはほとんど人がいませんでした。

 

午前中に寺社仏閣を観光して歩き疲れた後に、奈良公園内での森林と草原の中でランチをして、鹿せんべいをあげて鹿と戯れるのがおすすめの過ごし方です。

 

奈良公園の鹿せんべい↓

https://twitter.com/shikasenbeiya/statuses/1116135859047165953

 

他にも、寺社仏閣が混んでいれば、国立博物館での美術鑑賞もできます。あるいは、グルメ好きな方には、うどん屋で、きつねうどんとわらび餅を食べても良いでしょう。

 

 

まとめ

今回はゴールデンウィークの奈良県の穴場旅行スポットについて

  • 冒険の森inやまぞえで大人も子供も楽しめるジップラインで遊ぶ!
  • 明日香村でフォトジェニックな棚田風景とタイムスリップ感を楽しむ!
  • 戸津川村と谷瀬のつり橋で「度胸試し」と温泉を楽しむ!
  • 大阪市内からも快速電車で30分!橿原市で古民家カフェ巡りをする!
  • 奈良県の奈良公園で鹿と戯れる!

という内容を紹介しました!

ゴールデンウィークの兵庫県の穴場旅行スポットは、お子様連れの方には冒険の森inやまぞえでジップラインを楽しんだり、明日香村で現在は失われつつ棚田風景を見るのがおすすめです!

大人のお出かけを楽しみたい!という方は、橿原市で古民家カフェ巡りをしたり、谷瀬のつり橋で度胸試しの旅をされてみてはいかがでしょうか!^^

それではよいご旅行を!

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
SUGURI
台湾台南市在住3年目の旅行ブロガーです! 台南の観光情報を中心に、今まで旅した国内・海外旅行の情報を発信しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© SUGURI Journal , 2019 All Rights Reserved.