台湾在住者がすすめる観光スポット・食べ物・旅行情報!

飛騨高山の丸五(まるご)味噌とお醤油を紹介します!ネットでは買えないお醤油が絶品すぎる。

SUGURI
WRITER
 

全国の初詣スポットランキング↓

北海道
東北 青森 岩手  宮城  秋田  山形  福島
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

全国の初詣スポットランキングはこちら↓

北海道
東北 青森 岩手  宮城  秋田  山形  福島
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事を書いている人 - WRITER -
SUGURI
台湾台南市在住3年目の旅行ブロガーです! 台南の観光情報を中心に、今まで旅した国内・海外旅行の情報を発信しています!

こんにちは!

旅行大好き!台湾在住ブロガーSUGURIです!^^

 

今回紹介する丸五(まるご)味噌は、3泊4日の飛騨高山観光で一番行けてよかったと思っているお店です。

ここでしか買えないお醤油が絶品ですが、他に売っているところを見たことがなく、ネットでも買えません。

あまり人に知られていない穴場スポットでもあると思うので、この機会に紹介したいと思います!

 

この記事では

  • 飛騨高山観光の穴場おすすめスポット!丸五(まるご)味噌とは?
  • 丸五(まるご)味噌のお醤油を紹介します!

という内容について紹介します。

素敵な美人おばあちゃんが店主のお店です一緒に見ていきましょう!^^

 

飛騨高山観光の穴場おすすめスポット!丸五(まるご)味噌とお醤油を紹介します!

飛騨高山の丸五(まるご)味噌の場所は?

飛騨高山の丸五(まるご)味噌外観

歩いて高山散策をしている時にたまたま見つけたお店だったのですが、外から見えた「種」という看板に惹かれて入ってみました。

歴史を感じさせる素敵な暖簾が目印です、

購入したお醤油は他のお土産を減らしてでも買って帰りたいほど美味しかったので、この記事ではそのお醤油や丸五(まるご)味噌さんの店内を写真で紹介します

 

住所:岐阜県高山市馬場町2丁目

電話番号:0577-32-1307

丸五(まるご)味噌のお醤油を紹介します!

ここでしか買えない天然溜り醤油と、わたしは見ませんでしたが、量り売りのお味噌も扱っているようです。

 

お店に並ぶお醤油たち↓

丸五(まるご)味噌のお醤油

昔は瓶で販売していたそう、真ん中の醤油瓶の雰囲気が最高ですね。

 

お醤油は2種類あり、味見もさせてもらいましたが、市販の小麦粉とか添加物やら色々入ってるお醤油とは味が全く違います。

 

ご店主曰く、このあたりだけは水が違う(いい水が流れている)そうで、それが味の違いかもしれません。

確かにこの後行った神社でも、お水を触っただけで気持ちよかったです。

(触るだけで癒される水ってすごくないですか…!)

 

わたしが購入したのは元祖きたまり醤油

丸五(まるご)味噌の元祖きたまり醤油

半分使っててすみません…!笑

色々お料理にも使えますが、これを炊きたてご飯に掛けるだけで、どんぶりいっぱいくらいは食べれます。

卵かけ御飯でもいいかも。

 

わたしは台湾在住なので、たくさん買っても持って帰れないと思って少なめに買ったのですが、正直もっと買えばよかったです。

他の荷物を減らしてでも持って帰りたいお醤油です。

通販は電話注文のみ

そんな絶品のまるご味噌のお醤油ですが、ネットでは買えません。

飛騨高山にはあるのかもしれませんが、取り扱っているお店も見た事がないです。購入する方法はお店に行くか、電話で注文するかどちらかです。

わたしがお醤油を買わせていただいた時も、大阪の料亭に送るとダンボールいっぱいにお醤油を準備していたので、

きっと丸五味噌ファンは全国にいるに違いありません。

スポンサーリンク

 

フォトジェニックとはこういうことでは?築100年以上のお店が素敵!

飛騨高山の丸五(まるご)味噌店内

お醤油を買って、店主のおばあちゃんと少しお話させていただくと、お店の奥の部屋も見せてもらえる事になりました。

築100年ほどの貴重な建物の中を見せていただきましたので、少し紹介します!

 

お店の中には、奥へと続く入り口に暖簾がかかっています。

見せていただいたのはこの先のお部屋↓

 

縦に長い造りのおうちで、奥にはお茶室がありました。

家にお茶室があるなんて!素敵すぎる。

 

さらに貴重な昔の帳簿なども見せていただきました。

昭和6年の帳簿↓

昔はその場で料金をもらう事はなく、先にお醤油を届けてから後でお勘定したそうです。

よく見るとまだ料金を回収していない人もいたのが面白かったです!昔はそういうものだったのでしょう。

 

日本全国ただ古いだけの歴史的建築物はたくさんあるけれど、

こちらのお店のように、いまも人の手で綺麗に保たれ現役で使われている建物が飛騨高山には多かったのが、今回の旅行では一番印象に残っている部分です。

とにかく素晴らしいお店でした。

 

先代(現店主のご主人)は近代日本版画家の後藤彰平

実は帳簿と一緒に見せていただいたのですが、店主のおばあちゃんのご主人は近代日本版画家の後藤彰平さんという方で、作品が載っている本を見せていただきました。

 

店内やおうちの中には作品がたくさん飾ってありましたよ!もしお店に行かれる方は、注目してみてください。^^

 

ちなみに店主さんの弟さんは元プロ野球選手ということで、お醤油の後ろの壁には長嶋茂雄さんと一緒に写っている写真が飾られていました。

なんて多彩な家系なんだ、、、!笑

 

店主のおばあちゃんは、失礼ながらもお年を聞くと90歳ということで、、、シワやシミがほとんどない綺麗なお顔にびっくりしました!

ここの醤油飲もうかなと思えるくらい綺麗なお肌でした。

まとめ

飛騨高山観光の穴場スポット、丸五(まるご)味噌をご紹介しました。

冒頭でも書いたように、丸五味噌さんは高山を歩いていて偶然見つけたお店だったのですが、ネットにもガイドブックにも載っていない素敵な場所というのはある!と感じた体験でした。

 

自分の足で歩き、初めての場所に行ってみるというのは大切なことですね。皆さんもぜひ飛騨高山に行かれたら丸五味噌さんに行ってみてください。

 

美人の店主さんが穏やかな笑顔で迎えてくれますよ!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
SUGURI
台湾台南市在住3年目の旅行ブロガーです! 台南の観光情報を中心に、今まで旅した国内・海外旅行の情報を発信しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© SUGURI Journal , 2018 All Rights Reserved.