台湾在住者がすすめる観光スポット・食べ物・旅行情報!

2019年GW高速道路の混雑・渋滞予想は?東北・関西・九州など全国地方ごとの予測も詳しく解説!

WRITER
 

全国の初詣スポットランキング↓

北海道
東北 青森 岩手  宮城  秋田  山形  福島
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

全国の初詣スポットランキングはこちら↓

北海道
東北 青森 岩手  宮城  秋田  山形  福島
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事を書いている人 - WRITER -
台湾台南市在住3年目の旅行ブロガーです! 台南の観光情報を中心に、今まで旅した国内・海外旅行の情報を発信しています!

こんにちは!

お出かけ大好き!旅行ブロガーSUGURIです!^^

 

今回は2019年ゴールデンウィークの高速道路の渋滞状況についてまとめました!

 

この記事では

  • 2019年ゴールデンウィークの全国の高速道路の渋滞予測!
  • 東北自動車道の渋滞予測!
  • 中央自動車の渋滞予測!
  • 関越自動車道の渋滞予測!
  • 東名高速道路の渋滞予測!
  • 東名阪高速道路の渋滞予測!
  • 九州エリアの高速道路渋滞予測!
  • 関西エリアの高速道路渋滞予測!

という内容について紹介しています!

 

2019年GW高速道路の混雑・渋滞予想は?東北・関西・九州など全国地方ごとの予測も詳しく解説!

東北自動車道の渋滞予測!

下り線の混雑ピーク予想!

 

例年ゴールデンウィーク期間の東北自動車道下り線も同様に連休後半初日の5月3日あたりと連休最終日の5月5、6日の午後に混雑ピークあります。

 

2019年ゴールデンウィークの東北自動車道下り線は初日の4月27日の午前中と5月5、6日の午後の午後、特に福島トンネル付近と館林IC〜川口JCTが混雑ピークを迎える予測です。

 

この中でも東北道は5月5日のUターンラッシュが、もっとも混雑する日程だと思います。

 

とくに、日中の12時から夕方にかけては、連休中のピークになると予想しますので、やはり、早朝や深夜に出発するか、帰宅する日をずらすなどの調整は絶対に必要だと思います。

 

 

中央自動車道の渋滞予測

上り線の混雑ピーク予想

 

昨年の中央自動車上り線は、ゴールデンウィーク最終日の6日、帰宅ラッシュがある正午ごろ〜小仏トンネル付近で渋滞がピークになりました。

 

2019年ゴールデンウィークでも5月6日は最終日になりますので、帰宅ラッシュにより混雑ピークが予測されます。具体的には5月6日の正午〜午後7時前後です。昨年もこの時間帯で15〜19キロの渋滞が発生していました。

 

2019年のゴールデンウィークは10連休になるので、かなりの人口が移動することが考えられます。帰宅ラッシュに巻き込まれる前に早めの行動を心がけましょう!

 

下り線の混雑ピーク予想

 

昨年の中央自動車下り線の混雑は、ふるさとや行楽地へ向かう5月3日~4日にピークを迎え、午前10時半ごろに相模湖ICを先頭に33キロ渋滞、午前11時15分ごろに上野原インターチェンジ付近を先頭に31キロなどの渋滞をしていました。

 

2018年は5月の1日、2日が平日でしたが、2019年のゴールデンウィークは4月27日から5月6日まで10連休になりますので、中央自動車道下り線の混雑ピーク、大勢の人が出かけ始める4月28〜30日の午前中と予測されます。

 

今年のゴールデンウィークは長い期間休みが続くので中日(なかび)などに出かけるのもおススメです。

 

中央自動車道の渋滞予測情報はこちらの記事でさらに詳しく解説しています!渋滞時のエリアや待ち時間、昨年の渋滞状況一覧も掲載中です!

→2019年GW中央自動車道上り線・下り線の渋滞予測情報は?混雑ピークの日付・時間帯も紹介!

 

 

関越自動車道の渋滞予測

上り線の混雑ピーク予想

 

例年「関越自動車道上り線」は、ふるさとや行楽地からの帰りの車などで、5月4日(木)~5日(金)が渋滞・混雑ピークとなる予想です。特に5日は、関越道(上り)高坂SA付近を先頭に渋滞します。

 

2019年の関越自動車道上り線も5月4〜5日が帰宅ラッシュになってしまいかなりの混雑が予想されますので、4日の朝早くか、ずらせるのであれば7日の午前中でしたら比較的そんなに渋滞にハマらず帰宅出来ると思います。

 

 

下り線の混雑ピーク予想

 

例年「関越自動車道下り線」は、ゴールデンウィーク後半の初日である5月3日(木)~4日(金)に渋滞が多く発生し、特に3日は、関越道の花園IC付近を先頭に50kmほどの渋滞となります。

 

2019年は4月27日から10連休となりますので、4月26日(金)夜中〜4月27日朝方にかけてもっとも混雑すると予測され、何十キロという渋滞が起きることが予想されます。

 

関越自動車道の渋滞予測情報はこちらの記事でさらに詳しく紹介しています!渋滞時の待ち時間やエリア、昨年の渋滞状況一覧も掲載中です!

→2019年GW関越自動車道上り線・下り線の渋滞予測情報は?混雑ピークの日付・時間帯も紹介!

 

 

東名高速道路の渋滞予測

上り線の混雑ピーク予想!

 

例年のゴールデンウィーク、東名高速道路上り線の渋滞ピークは、多くの人が東京を出る、朝7~8時に約20㎞の渋滞があります。

 

2019年ゴールデンウィークの東名高速道路上り線の渋滞ピークは例年通り、初日の4月27日の午前7〜8時に特に渋滞する予想です。なので27日の夕方から出かけるか、あえてのもっと早い時間、朝4時、5時出発しないと渋滞を避けるのは難しいでしょう。

 

下り線の混雑ピーク予想!

 

例年のゴールデンウィーク、東名高速道路下り線は、東京に戻る5月6日に20時をピークに最大30kmの渋滞となります。

 

2019年ゴールデンウィ―クの東名高速道路の渋滞予測は5月6日の夕方から夜にかけてピークが来ると予測されます。

 

また前日の5月5日も15~19時頃、混雑すると思われます。少しでも渋滞を避けたければ、5日の20時以降、もしくは6日の早朝にゆっくりと帰宅するのが良いでしょう。

 

渋滞を避けて家に帰りたい人は5月6日午前中に東京入りするスケジュールで移動した方がいいでしょう。

 

 

東名高速道路の渋滞予測情報はこちらの記事でさらに詳しく紹介しています!渋滞時の待ち時間やエリア、昨年の渋滞状況一覧も掲載中です!

→2019年GW東名高速道路上り線・下り線の渋滞予測情報は?混雑ピークの日付・時間帯も紹介!

 

 

東名阪自動車道の渋滞予測

上り線の混雑ピーク予想!

 

例年ゴールデンウィーク期間の東名阪道上り線は帰宅ラッシュとなる5月5〜6日がもっとも混雑します。

 

2019年ゴールデンウィークの東名阪道の渋滞は、3月に並行区間である「新名神亀山〜四日市」が開通するため例年並みの混雑は発生しないと予測されます。

 

ただ普段よりは混雑することは確実ですので、避けたい方は5月6日の17〜20時を避けることをおすすめします。

 

下り線の混雑ピーク予想!

 

例年ゴールデンウィーク下り線の渋滞は多くの人が観光地へ向かう5月3日が渋滞します。

 

2019年ゴールデンウィークは4月27日〜の10連休ですので、混雑ピークは初日の27日午前6〜11時に集中する予測です。渋滞を避けたい方は前日の夜の出発も視野に入れましょう。

 

東名阪自動車道の渋滞予測情報はこちらの記事でさらに詳しく紹介しています!渋滞時の待ち時間やエリア、昨年の渋滞状況一覧も掲載中です!

→2019年GW東名阪自動車道上り線・下り線の渋滞予測情報は?混雑ピークの日付・時間帯も紹介!

 

上り線の混雑ピーク予想!

 

例年ゴールデンウィーク時期の東北自動車道上り線は連休後半初日の5月3日あたりと連休最終日の5月5、6日の午後に、羽生PA付近と上河内SA付近で渋滞します。

 

2019年のGWは最大で10連休になるので、混雑ピークは初日の4月27日の午前中と5月5、6日の午後の午後に予測されます。

 

出発を26日のよるにするか、27日は早朝4〜5時に東北道を通過する計算にすることがオススメです。

 

また、ゴールデンウィーク中盤あたりが最も薄いと思うので、早めに出発し中盤あたりで帰省するとスムーズに行けると思われます。また前もって通るルートや食べ物など準備した方がいいです。

 

九州エリアの高速道路渋滞予測!

上り線の渋滞ピーク

 

上り線の渋滞長のピークは、E3九州自動車道 広川IC付近を先頭に、4月28日(日曜)の朝から昼過ぎにかけて最大15km、また、5月4日(土曜)・5月5日(日曜)の夕方から夜のはじめ頃にかけて最大15kmを予測です。

 

さらに、E3九州自動車道 古賀SA付近を先頭に、5月4日(土曜)・5月5日(日曜)の夕方から夜のはじめ頃にかけて最大15kmの渋滞が発生すると予測しています。

 

下り線の渋滞ピーク

下り線の渋滞長のピークは、E3九州自動車道 筑紫野インターチェンジ(IC)付近を先頭に、4月27日(土曜)・4月28日(日曜)・5月3日(金曜)の朝から昼過ぎにかけて最大20kmの渋滞が発生すると予測しています。

 

九州支社管内の渋滞回数は、下り線が4月28日(日曜)・4月29日(月曜)・5月3日(金曜)、上り線が5月3日(金曜)・5月4日(土曜)・5月5日(日曜)に多く発生すると予測しています。

 

関西エリアの高速道路渋滞予測!

 

関西エリアのゴールデンウィーク期間の渋滞は、下り線では4月28日(日曜)、5月3日(金曜)、上り線では5月4日(土曜)に特に多く発生すると予測しております。

 

名神高速道路、山陽自動車道では、ピーク時25km以上の渋滞が発生すると予測しています。このほかに、第二神明道路から阪神高速3号神戸線に跨った渋滞などで、ピーク時25km以上の渋滞が予測されます。

 

まとめ

今回は2019年ゴールデンウィークの高速道路渋滞予測について

  • 2019年ゴールデンウィークの全国の高速道路の渋滞予測!
  • 東北自動車道の渋滞予測!
  • 中央自動車の渋滞予測!
  • 関越自動車道の渋滞予測!
  • 東名高速道路の渋滞予測!
  • 東名阪高速道路の渋滞予測!
  • 九州エリアの高速道路渋滞予測!
  • 関西エリアの高速道路渋滞予測!

という内容を紹介しました!

混雑が予想されるゴールデンウィークの高速道路!特に4月27、28日と5月5、6日に移動する方は混雑が予想されますので、時間に余裕を持って行動してくださいね!

車内は暑くなりますので、水分補給を欠かさずに!

それではよいご旅行を!

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
台湾台南市在住3年目の旅行ブロガーです! 台南の観光情報を中心に、今まで旅した国内・海外旅行の情報を発信しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© SUGURI Journal , 2019 All Rights Reserved.